「セラピスト」「プラクテイショナー」「イベント講師」の3つの名前を持つことになりました!

こんにちは、藤松弓子です。

今回「セラピスト」「プラクテイショナー」「イベント講師」と3つの名前を持つことになりました!

施術は、オパセラピストから受けてください。
オパを学ぶ時は、オパプラクテイショナーから学んでください。
個々人のオパの楽しさを知りたい時は、オパイベント講師の話を聞いてください。

2018年の一時期、オパを使って人へのケアをする人も
オパのことを教える講師も、すべての方を「ラクティショナー」という名称で呼ぶことに
した時もありました。

その時から数ヶ月。
必要なことはしっかりと分野を分けることかはわかりません。
しかし、人との関係の中で自分の立ち位置を明確にすることは
とても重要な時代だと思うにいたったため、
過去と今を整理するケア者としてのセラピスト、
今と未来をつなぐオパ講座講師としてのオパプラクテイショナー、
今の楽しさを人に伝えることを喜びとするイベント講師、
に分けて人としての役割分担もすることにしました。

これは、かねてから考えていた
セラピストのみなさん個々人のオパ大好き♡
を伝えるイベント講座も始まることになったことも
大きな理由の1つです。

樹木の成長に合わせて、肥料を探し、土壌を豊かにし、
幹の成長に負担があればそれをなくし、大事に幹を育てるセラピスト。

幹を育てることはもちろん、そこから育つ枝葉にも関心を持ち、
仕事の幅の広さや、美しいものを美しいと感じる感覚の広がりも育て、
さらには大きな感覚の閉鎖感なども一気にググンと流す、
未来の実現を促すOne Point Adviserとしてオパプラクティショナー。

育つことは自由で、自分らしさを持つ意味など想定外のことにも
強い自分を作るためのオパイベント講師。

この3つに共通することは1つ。

自分らしくあれ!

しっかりした自分になっておく時は今。
元気で健康な自分との出会いは色々あると思います。

今言えることは相対性的発想です。

つまり、人への郷愁のようなものはいらず、
単に気持ちのよさがあるといい。

次の時代はどうなるのかと思っても、よくわからない。

時代は、時代とともに育つ人を求めていると思います。
だからこそ、今オパの時代。

みなさんもどうぞオパにいらしてみてください!
セラピストもプラクテイショナーもイベント講師も
みんなでたくさんんのことをお教えしたくて
ウズウズしています。

ただ、そのウズウズがみなさんの知りたいことのみに
特化した形で色んなことをお教えするから
みなさんに理解いただけると思います。

それ以上のことや、そうではないんだけど。。。と
思うようなことは一切ありません。

さあ!一緒にオパの世界に飛び込んで
自分の意識と無意識の世界の統合した世界観を
楽しんでみませんか?

藤松弓子